新築一戸建てを選ぶ時のポイント

  • 新築一戸建てを選ぶ時のポイント

    • マイホームを検討していると、土地を買って有名なハウスメーカーや工務店に建物を依頼して建てる注文住宅にするか、マンションにするか、中古でもいいから一戸建てにするか、または建てられたそのものの新築一戸建てを買うか迷うかと思います。

      資金に余裕があれば、土地を買って注文住宅が1番理想的ではありますが、諸費用等を含め、なにかと費用がかかるのがデメリット。

      中古だとどうしてもリフォームや不具合等がでてきますし、マンションも毎月修繕費用等は一生支払いが生じます。

      1番手頃にマイホームを購入するとしたら、新築一戸建てがお得にはなります。既に建物は建てられていて、もちろん全て新品。


      建築メーカーが選べない、間取りも選べないといった点はありますが、結構主要なエリアに建てられたりするので、希望するエリアで物件として見つけやすく、自身で建てるより大幅に費用が削減できます。そんな新築一戸建てを選ぶ時のポイントとしては、建物の建築業者は決まっている中でもやはり色々な業者があり、ランクもあります。ランクが高めではないからといって倒壊したり欠陥というわけではなく、使われている材料や、自社で販売活動を行わずに不動産会社に仲介として販売を全て任せることによるコストダウンで低価格が実現できてるもので、造りとしては注文住宅のようにお洒落でこだわりのある家というわけにはいきませんが、一般的に今の時代に沿った建物であり、低価格の為人気があります。


      また、ワンランク上であれば、大手不動産会社等が建物を自社で建築販売しているところですと、材料や造りも少し上のものになります。

      そして、予定としてはこういった建物になりますといった感じで有名ハウスメーカー等が手掛ける建築条件付土地や、今はまだ更地だけどこれからこういう建物が建ちますという新築分譲というものがあり、こちらの場合は、有名ハウスメーカーの建物だけあってこだわりもあり、材料もしっかりしているので価格も高めになります。


      まずは、自身が諸費用等を含め、どの程度まで費用が出せるかでラインを決めましょう。
      住宅ローンを組むのであれば、シュムレーションは必須です。毎月の支払額と年に1度徴収される固定資産税と都市計画税等、光熱費や雑費等を念頭におき、シュミレーションしてみると、だいたい買える価格がわかります。低価格の新築一戸建てでは、網戸や外構などが別で費用が発生するという場合もありますので、検討する際はよく確認をする事がおすすめです。

      保障は基本的に10年間ついているのが新築一戸建ての最大のメリットです。


      定期的に点検してくれる業者もあります。

      メンテナンスで経年劣化や故意のものなどは不可になる事もありますが、保障があるのとないのとでは大違いです。


      どういった保障がつくのかも検討の材料にしてみると良いでしょう。
      また、まだ建て始める前の段階で購入すると、壁紙やキッチンの色など間取りは変更はできませんが、設備を選べる場合もありますので、早めに購入するというのも利点がありますが、長らく売れないとゆくゆくは値引きされる可能性もあります。

      いずれにしてもタイミングは難しい事ですが、色々見てまわり比較検討をじっくりして焦らず、一生住む家として最適なものを選びましょう。

      東京の新築一戸建ての特別な情報を載せています。

      1人1人に合った寝屋川の一戸建ての情報を求める人におすすめです。

      岩手の住宅情報がさらにわかりやすくなりました。

      名古屋のデザイナーズマンションの相談ならココです。

      利便性を重視したさいたまの不動産買い取りサイトが一番おすすめです。

      http://girlschannel.net/topics/92751/

      https://matome.naver.jp/odai/2142586754920957301

      http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%88

  • 関連リンク